ADDITION BLOG

ADDITION BLOGへようこそ!!

英語学習

【コピペOK】英語で教授にメールを送る時の書き方!件名や書き出し、結びまでを一挙に解説!

投稿日:

大学の授業で外国人の先生が担当だった時に、メールを送らなければならない場面もきっと多くあると思います。

日本語では文章を作ることができたとしても、英語でメールをするとなると本当に伝わるのか、失礼にならないかなど色々不安に思ってしまうことも多いでしょう。

そこで今回は基本的な英文メールの書き方を説明したいと思います。

外国人の教授に対して失礼にならないように、学んでいきましょう。

件名

まずは件名です。件名は一目で見て目的が分かる文章にしましょう。

しかし長すぎる文章だとよくないので簡潔にまとめることが大切です。

・Question about “English Communication I”
・Homework submission of “English Communication I”

このように要件を簡単に書くようにしましょう。

ちなみに大学の教授に送る場合、授業名は必ず入れるようにしましょう。
自分の名前を入れてもいいかもしれません。

宛名

メールの基本事項として文面の最初には宛名が必要ですね。
もちろんこれは日本語のメールでも同様です。

・Dear Professor Smith
・Professor Smith
・Prof. John Smith

このように書きます。
基本的な書き方は“Professor+苗字(ラストネーム)”です。

“Professor”の省略形として”Prof.”という書き方もありますが、この場合は“Prof.+名前(ファーストネーム)+苗字(ラストネーム)”とするのが一般的です。

逆に“Professor”を用いる際はラストネームだけを書いて、ファーストネームは書かないことが多いみたいです。

暗黙の了解として博士号を持っている教授に対してMr.やMs.を使うのは良くないという声もあります。

“Professor”を使えば間違いありませんね。

本文

一番重要な部分が本文です。

まず最初に自己紹介を忘れずにしましょう。その後に履修している授業の名称を書き、質問や要望などの本題に入りましょう。

My name is Taro Yamada. I am taking your “English Communication I” class on Tuesday, in the second period.

このような書き出しにすれば大丈夫でしょう。

日本語のメールのように改行を使いすぎると読みづらくなってしまう恐れがありますので、改行しすぎないように注意しましょう。

また正式な文書では “I’m” などの省略形を用いることが少ないです。”I am”のように書くようにしましょう。
“don’t” を “do not” と書くのも一つの例です。

本文の最後には「~していただけると幸いです。」のように丁寧な表現を使いましょう。
例文は以下の通りです。

I would appreciate it if you let me know ~. (~を教えていただければ幸いです。)

丁寧な文章を作るように心掛けましょうね。

結び

メールの一番最後は結びです。

日本語の手紙などで「敬具」にあたる部分と思ってもらって大丈夫です。

例をいくつか挙げてみます。

・Sincerely
・Best regards
・Thank you very much

ちなみに一番良く使われる表現は “Best regards” です。

そしてメールの最後に署名をしましょう。自分のフルネームを書きます。

名前だけでなく、学科メールアドレスを書いてもいいかもしれません。(これは場合に応じて。)

まとめ

いかがでしたか?

今回の記事では例文を挙げながら英語での手紙の書き方を学びました。ここに挙がっている例文はコピペOKですので、どんどん使ってくださいね。

今回はここまでにしましょう!

-英語学習
-,

執筆者:

関連記事

英単語”down”の使い方!名詞・動詞・形容詞・前置詞・副詞にもなる!?【例文あり】

英文を読んでいる時に地味によく出てくる “down” という英単語。 down は副詞や前置詞のイメージが強いかもしれませんが、実は名詞にも動詞にも形容詞にもなり得るのです。 …

TBDって何?ビジネス英語の略語フレーズ5選【例文あり】

仕事やビジネスをする上で同僚や上司とのコミュニケーションは必須です。日本でもrescheduleの略で「リスケ」などよく使われますよね。 実は日本だけではなく海外でも略語は使われているのです。 そこで …

contain | include | involveはどう違う?「含む」の英語の使い方と例文

英語を勉強していると、違う単語のはずなのに同じ日本語訳のときがありますよね。 あまり学校では習わないかもしれませんが、これらはニュアンスが違います。 なので英語を上達させるには、これらのニュアンスの違 …

【最重要5選】接頭辞をマスターして英単語を効率よく覚えよう!

単語帳を使って英単語を暗記していると、似たような単語が出てきて覚えづらいことがありませんか。 単語の先頭がcomだったりdisだったりinだったり…。 実はコレ、「接頭辞」の意味を知ると、とても覚えや …

【例文あり】英単語の否定の接頭辞! unやinやdisなどをマスターしよう!

英語を勉強していると似たような英単語に出会う機会も多いのではないでしょうか。 英単語の頭が dis だったり un だったり…。 実はコレ、接頭辞を覚えてしまえば、格段に覚えやすくなるんです。 という …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。