ADDITION BLOG

ADDITION BLOGへようこそ!!

英語学習

【厳選】今すぐ使える英語のスラング5選!SNSでも活躍!?

投稿日:

外国の方と話していたり、外国の方のSNSなどを見ていると、学校では教えてくれない英語があったりしますよね。

学校では習わないスラング、つまり俗語を学べば、もっと英語学習が楽しくなること間違いなしです!

さて、今回は厳選した英語スラング5選をお届けします。

この機会に覚えてみてはいかがでしょうか。

①Retweet … 「いいね!」

Twitterを使う方はよく聞くリツイートという言葉。

これ、実は英語スラングになってしまっているんです。

意味としては「同意する」「いいね!」などが挙げられます。

“I agree.” と言ってもいいですが、仲のいい友達との会話では少し堅苦しかったりします。

そこで是非 “Retweet !” と使ってみましょう。

②Hang in there. … 「頑張れ」「負けるな」

次はこの言葉。

“Hang in there.” は落ち込んでいる人を励ます時や応援する時に使います。

「頑張って!」とか「負けないで!」と言いたい時に使ってみてくださいね。

③Watch out. … 「気を付けて!」

“Watch out.” は中学校で習うかもしれませんので、知っている人も多いのではないでしょうか。

友達が転びそうになった時や危険状況になった時に使ってみましょう。

「気を付けて!」と言いたい時に使います。

④Ok, boomer. … 「はいはい、分かったよ」

これは若者がよく使う言葉です。

年上の世代(先生や親など)に説教をされた時などに、軽く受け流す感じで用いられます。

年上の人はベビーブーマー世代ということで “boomer” と呼ぶわけですね。

この表現は少し皮肉も含まれているので、使う際は要注意です。

⑤fire ! … 「かっこいい!」

これも若者が使う言葉です。

日本でも「超かっけー!」とか「それマジ神!」みたいな感じで使われます。

サッカーの試合を見ている時や友達の服装がかっこよかった時に「かっこいい!」と言いたい時には

“That’s fire !”

と言ってみましょう。

“That’s it !” のような感覚で使われます。

まとめ

さあ、英語でよく使われるスラングについて見てきました。

こうして見てみると、若者が使う傾向にあるようですね。

SNSなどで見かける表現もあると思うので、この機会に知ってしまいましょう。

このサイトでは英語に特化した記事をコンスタントに挙げています。良かったら他の記事も読んでみてくださいね!

今回はここまでにしましょう。

-英語学習
-,

執筆者:

関連記事

英語の早口言葉5選!英語の上達にも最適!【簡単なものから有名なものまで】

さあ今回は英語の早口言葉を一緒に見ていきましょう。 英語を勉強する時に、ずっと教科書や単語帳に向かっているのは大変ですよね。 そんな時に英語を楽しく学べるのが「早口言葉」! 是非、この機会に覚えて、友 …

【例文あり】英単語の否定の接頭辞! unやinやdisなどをマスターしよう!

英語を勉強していると似たような英単語に出会う機会も多いのではないでしょうか。 英単語の頭が dis だったり un だったり…。 実はコレ、接頭辞を覚えてしまえば、格段に覚えやすくなるんです。 という …

contain | include | involveはどう違う?「含む」の英語の使い方と例文

英語を勉強していると、違う単語のはずなのに同じ日本語訳のときがありますよね。 あまり学校では習わないかもしれませんが、これらはニュアンスが違います。 なので英語を上達させるには、これらのニュアンスの違 …

be動詞と一般動詞を見分けよう!

動詞は大きく分けると2種類しかない!  動詞は大きく「be動詞」と「一般動詞」とに分かれます。基本的には、「be動詞」は am are is だけです。そして「一般動詞」は study(勉強する) な …

英単語”down”の使い方!名詞・動詞・形容詞・前置詞・副詞にもなる!?【例文あり】

英文を読んでいる時に地味によく出てくる “down” という英単語。 down は副詞や前置詞のイメージが強いかもしれませんが、実は名詞にも動詞にも形容詞にもなり得るのです。 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。