ADDITION BLOG

ADDITION BLOGへようこそ!!

英語学習

【最重要5選】接頭辞をマスターして英単語を効率よく覚えよう!

投稿日:2020/11/28(土曜日) 更新日:

単語帳を使って英単語を暗記していると、似たような単語が出てきて覚えづらいことがありませんか。

単語の先頭がcomだったりdisだったりinだったり…。

実はコレ、「接頭辞」の意味を知ると、とても覚えやすいんです。

ちなみに接頭辞は接頭語とも言います。

ということで今回はまず覚えるべき最重要の接頭辞を例とともに挙げていきますので、一緒に見ていきましょう。

com- = 「共に、一緒に」

まずは “com” です。ちなみにその後の発音によって “con” にもなります。

接頭辞 “com” は英語で言うと “together” の意味です。これを含む単語は「一緒に」というニュアンスが入っているものになります。

例を挙げてみましょう。

・connect … つなぐ
・complete … 完成させる
・combat … 戦う

“connect” は2つのものを一緒にする感じですし、 “complete” は全てを一緒にまとめ上げる感じですし、 “combat” は自分とは別に戦う相手が必要ですもんね。

他にもたくさんありますので調べてみましょう。

dis- = 「離れて」

接頭辞 “dis-” もよく見かけますよね。

“dis-” は英語で言うと “apart” の意味です。これを含む単語は「離れて」というニュアンスが入っているものになります。

例を挙げましょう。

・dismiss … 解散させる
・distant … 離れた
・distinguish … 区別する

これらを眺めると確かに離れている、別々にするという意味が見て取れますね。

in- = 「中に」

接頭辞 “in” は分かりやすいですね。

そのまま “in” の意味、つまり「中に」というニュアンスがあります。

例を挙げてみましょう。

・include … 含む
・income … 収入
・import … 輸入する

“import” は接頭辞の後の発音によって “im-“となっていることに注意しましょう。

どの単語を見ても中に入ってくる感じがしますね。

実はこの接頭辞、「中に」という意味の他にも「否定」を示すことがあります。その例も挙げておきます。

・incapable … 能力がない
・inactive … 不活発な
・impossible … 不可能な

否定の接頭辞についてはこちらの記事で詳しくまとめています。

2つの意味があるので “in-” は要注意ですね。

ex- = 「外へ」

接頭辞 “ex-” は “in-” の逆と覚えましょう。

英語で言うと “out” の意味です。つまり「外へ」というニュアンスを示します。

例を挙げてみましょう。

・exit … 出口
・export … 輸出する
・except … ~を除いては

「出ていく」という意味合いが見て取れますね。

pre- = 「前に」

接頭辞 “pre-” は英語で言うと “before” を表します。「前に」というニュアンスを含みます。

例を挙げましょう。

・precede … 先導する
・previous … 以前の
・predict … 予測する

“predict” は「前もって言っておく」という意味なので辻褄が合いますね。他の例も「前に」という意味が込められていることが分かります。

まとめ

今回は最重要の接頭辞について説明しました。

接頭辞を知っているのと知らないのとでは、単語の覚えやすさが格段に違いますので、この機会に覚えてしまいましょう。

もちろん今回紹介した接頭辞以外にもたくさんありますので、気になる方は調べてみてくださいね。

今回はここまでにしましょう。

-英語学習
-,

執筆者:

関連記事

英語の早口言葉5選!英語の上達にも最適!【簡単なものから有名なものまで】

さあ今回は英語の早口言葉を一緒に見ていきましょう。 英語を勉強する時に、ずっと教科書や単語帳に向かっているのは大変ですよね。 そんな時に英語を楽しく学べるのが「早口言葉」! 是非、この機会に覚えて、友 …

contain | include | involveはどう違う?「含む」の英語の使い方と例文

英語を勉強していると、違う単語のはずなのに同じ日本語訳のときがありますよね。 あまり学校では習わないかもしれませんが、これらはニュアンスが違います。 なので英語を上達させるには、これらのニュアンスの違 …

be動詞と一般動詞を見分けよう!

動詞は大きく分けると2種類しかない!  動詞は大きく「be動詞」と「一般動詞」とに分かれます。基本的には、「be動詞」は am are is だけです。そして「一般動詞」は study(勉強する) な …

【厳選】役に立つ英語フレーズ[挨拶編] 今すぐ使える5選

 海外旅行に行った時や留学をした時、さらには町中の外国人に話しかける時など、一番最初に言わなければならないのが「挨拶」です。人とコミュニケーションを取るときに大切な挨拶ですが、英語だと咄嗟には思いつき …

英単語”down”の使い方!名詞・動詞・形容詞・前置詞・副詞にもなる!?【例文あり】

英文を読んでいる時に地味によく出てくる “down” という英単語。 down は副詞や前置詞のイメージが強いかもしれませんが、実は名詞にも動詞にも形容詞にもなり得るのです。 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。